火花

去年の芥川賞「火花」 ずいぶん前に予約していましたが、ようやくやってきました。 ずいぶん話題になりましたね。最初、大阪弁の会話がなんだか気になりましたが、吉祥寺・上石神井あたりの街の様子が出てきたあたりから、気にならなく … 続きを読む

出世花

高田郁さんの「みをつくし料理帖」が面白かったので、 「出世花」「蓮華の契り」をお借りしました。 これは、いまでいうと、「おくりびと」のお話ということでしょうか。 湯灌の描写はともかくとして、時代背景や、古い地名をたどりな … 続きを読む

感情8号線

秋に新聞の書評欄か何かで目にした一冊。 タイトルが気になって読んでみました。 環状八号線になぞらえた、オムニバス形式の小説になります。 最後が最初につながっている感じね。 さらりと、読みました。 そして、やっぱりみをつく … 続きを読む

黒冷水

去年の芥川賞受賞から、その特異なキャラクターが気になっている羽田圭介さん。 受賞作も気になるけれど、若いころの作品も気になって読んでみました。 すごい・・・息つく間もなく一気に読んでしまいました。 予約中の「スクラップア … 続きを読む