16分割の鶴のおりがみ・・・

仕事先で、つながった、小さな鶴を見せていただきました。
作っていたのは、師匠(中学3年の男子)。
師匠は普通の折り紙を8×8=64分割して極小鶴を作れるんです!
いったいどうやって作るの?と、見せていただいたら、
2種類のピンセットを使い分け、精巧な折り紙を仕上げていました。
おお~!これは素晴らしい!
というわけで、作り方を見せてもらった私は、さっそくチャレンジ!
といっても、64分割はどう考えても無理なので、10×10cmの小さめの折り紙を
4×4の16分割で作った、輪になった鶴です。
P1090048.JPG


ちなみに、小さな正方形の一辺は2.5cmです。
P1090045.JPG
マウスとならべてみました。
小さいので、目が・・・
P1090047.JPG


コメント

16分割の鶴のおりがみ・・・ — 2件のコメント

  1. 師匠、スゴイじゃないですか!
    それに、弟子もなかなか器用に作りましたね。
    2.5センチ四方で、普通に折ることはできるけど、
    羽をつなげながら折るのは、超大変!!です。

  2. そうなの、64個なんて、気が遠くなる数と小ささです。
    羽をつなげるときに、どうやって一枚の折り紙から輪にするか?
    そこが一番のポイントです。
    数学みたいだった~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。