天使の卵

著者:村山由佳
出版:集英社
初版:1994.01.25.
紹介:19歳の予備校生・歩太と8歳年上の精神科医・春妃。
春まだ浅き日の予感に満ちた出会いから、せつなく、ひたむきな純愛。
コメント:「天使の卵」はちょうど、姫の高校がある街が舞台で、多分主人公が卒業した高校も同じ設定のような気がして、ちょっと親近感が湧いたのでした。19歳の芸大志望の浪人生の恋のお話です。すごく切ない・・・。辛い・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。