文化祭1

今日・明日は、娘の学校の文化祭だ。
子供の文化祭に、親は関係ないと思うところだけれど・・・とんでもない。
準備から運営、親掛かりなのである。ここら辺が、公立と私立の学校の大きな違いね。
とにかく、役員さんたちは、だいぶ前から準備に明け暮れ、当日は、ほとんどの保護者が手伝いに借り出される。
吹奏学部では、毎年、「豚汁」「お好み焼き」「ジュース」の販売をする。そしてその売り上げ金は部費になる。ちなみに、ほとんどの材料費は保護者が分担して持ち寄る(寄付)。
この大変さをおもうと、お金で寄付を募った方が楽でいいなぁ~と毎年おもうのだけれど、そういうわけにも行かないらしい。
もちろん、こどもたちも、演奏の合間にはお好み焼きを焼いたり、営業に走り回って大忙しだ。この年に一度のイベントは、各部それぞれ趣向を凝らしてあるので、たとえば、柔道部員のつく「おもち」は、毎年楽しみだったりする。
何より、子どもたちと一緒になって、できることなんて、なかなかないものね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。