おそろし

515hGKOOVnL__SL160_.jpg著者:宮部みゆき
発行:2008.07.30.
出版:角川書店
わけあって、おじの家に世話になっているおちか。
閉ざされた心を、解き放つために、おじが考えたことは
おちかに、百物語の聞き手をさせることだった・・・
世の中には、自分と似たような辛い思いにとらわれた人
突然、命を奪われた人・・・様々な苦しみや悲しみに満ちている。
そんな人々の思いを解き放つことができるのは・・・
さすが、宮部みゆきの時代物は、面白いなぁ・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。