究極の選択

このところ食品の偽装・・・と誤表示がニュースになってますね。
これって、どう違うんでしょ?
偽装って本当の中身よりも、印象を良く見せかける感じがします。
「冷凍の魚」→「鮮魚」 みたいな。材料の仕入れ値が違うだろうし。
誤表示っていうのは、なんか違うきがする。
メニューには「スズキのポワレ」となっていますが、
本日市場の仕入れの都合で「真鯛のポワレ」となっています。
これは、メニューを書き換えてないわけで、誤表示・・・違う?
「小平市産のカブ」が今日は「練馬区産のカブ」になりました・・とか。
なんか、中小の工場や店がやると、「偽装」で
有名百貨店は「誤表示」って…なんか変な気がする。
まあ、冷凍でもおいしく調理していただければいいわけで・・・
っていうか、見た目とか、肩書でおいしいと思っちゃう私も
愚かな気がするけど…なんだかなぁ・・・。
で、究極の選択を考えてみた。
有名百貨店の30,000円のおせち料理と
楽天〇〇の定価30,000円を77%OFFのおせち料理と
どっちを買う?
え?この時期、どっちもいらない?


コメント

究極の選択 — 2件のコメント

  1. 全く困ったもんですーーー
    デパート価格は、信用価格だと思っていたのに、
    残念でなりませんね。
    おせちは、買ったことがないの・・・美味しい?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。