群発頭痛の顛末

ババの「群発頭痛の顛末」を、メモしておこうと思う。

3月19日(日)えぐるように頭が痛い。といって、自分の頭をゲンコツで殴りながら、食事をする義母。2日ほど前から、頭痛がすると訴えていたが、毎日多量の薬を飲む人に、売薬を追加するのは恐ろしい。あまりの痛さの様子が尋常でなく、吐き気はないのだけど救急車をお願いした。

CTの結果、幸い脳に緊急の異常は見当たらない。脳外科の先生が群発頭痛というものだろうと、痛み止めを処方してもらって帰宅。
(帰りの車で、おなかが空いたわね~。薬が効いてきたらしい)

薬を飲むと痛みが消えるが、切れるとまた激痛・・・の繰り返し。

21日、薬がなくなったので、救急病院へ
総合内科で診察。同じく群発頭痛の診断。痛み止め2種処方。しかし、そのうちの一つはあまり効かないみたい。

24日、痛み止めが切れると、激しい頭痛が繰り返すので、受診。
緊急に命に係わる状況ではないので、近くの「痛み」の専門の医院を紹介される。
午後、紹介された「脳神経外科」へ
強めの痛み止め+胃を守る薬 神経痛を和らげる薬などを処方してもらう。
1日飲むと、痛みが治まってきた。その代わり1日中眠い。思考力が低下。ぼーっとしていると本人。足がふらつく。

26日、朝起きた直後、下半身に力が入らず、転ぶ。(自力では起き上がれない)
一日中眠い。

27日、朝、トイレの後、ドアのところで転ぶ。起こすにも、足がたたない。
頭痛が治まっているので、薬のせいかもと、朝食時に痛み止めを飲むのをやめる。
1日中、ぼーっとしている。デイサービス休み。

28日、脳神経外科へ。痛みが治まっていること。下半身がふらつくこと、1日中眠いことから、薬の服用を中止。痛みが出たら、飲んでもいい。

以後、痛み止めを飲まずに、なんとか乗り切っている。これで、いったん落ち着くのか・・・
ちょっと痛いような、不安な気持ちにはなるみたいなのだけれど…

耐えがたい激しい頭痛に襲われるのと、一日中頭がぼーっとして、体に力が入らないのと、どっちがいいか?どっちも困りますね。
ただ幸い、この間、食欲だけは旺盛だったのが・・・救いというか、ババらしい。


コメント

群発頭痛の顛末 — 2件のコメント

  1. 今回は、とても参考になりました。
    メモを残すって、大事ですね!
    冷静に見極める事ができるし、経過も分かりやすい。
    なんでも、書き残すのは大事かも◯

  2. ブログに書くかどうか?それはまた問題かもしれないけれど、
    ノートに書いても、どこかに行ってしまったり…

    いつ何があったか、忘れちゃったりするんですよね。(´;ω;`)ウッ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。