万作・萬斎狂言の会

19日、「万作・萬斎狂言の会」というものに行って来ました。
実は私、狂言を見るのは初めて。事前の知識も勉強もなく、古典芸能を鑑賞しても、わかるかしら?ちょっと心配でしたが、
演目の前に、丁寧な解説もあり、十分楽しめました。

演目は「鬼瓦」「金岡」「六人僧」の3つ。
席が前の方だったので、演者の表情がよく見えたので、面白ポイントがよく見えました。
狂言といえば・・・国語の教科書で出てきた「附子」(ぶす)を思い出しました。
また機会があったら、見に行きたいわ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。