なんか怪しい感じ・・・?

「郵便局の○○です。簡易保険の件で、今日1時半ころご説明に伺いたいのですがご都合はいかがでしょうか?」
昼前にかかってきた電話。んん?なんだ?いきなり今日?
どんなご用件でしょうか?
「2年前に制度が変更になりまして、相続の関係で、一軒一軒ご説明に伺ってます。」
??? 一軒一軒?ヒマだね。そういえば、なんだか、郵便局からお手紙が来て、説明会があるって言ってたような気がする。   
はあ。あの、どちらの郵便局の方ですか?
「えー。センターの方から伺います。」
郵便局にセンターなんてあったっけ?すみませんもう一度、お名前を・・・
「○○です。」聞き取れない。

うーん。私は2時から別の用件があるしね。こういうことは夫に対応してもらうことにする。
「えー。で、何か用意する書類がありますか?」
「簡易保険の証書があると話が早いんですけど」
「名義は誰ですか?」
「奥さんだと思います・・・」名義もわからないのか・・・
???ふつう、郵便局からなら、そういうデータは持ってるでしょう?
「時間はどれくらいかかりますか?」
「30分から1時間くらいです。」
怪しい怪しい~。はいわかりました・・・

で、電話を切って考えた。なんか変でしょ?郵便局や役所なんて、こちらから出向かない限り、親切に来てくれることなんてないものね。そこで郵便局に問い合わせ。
担当の地域、部署に問い合わせをしてくれて、
「そういった連絡をすることもあるかもしれないけれど、○○という担当者やその携帯番号を使っている職員はいません。」
そうよね。振り込め詐欺じゃないかもしれないけれど、郵便局の人じゃないみたいだ。

約束の時間の少し前「前の契約が遅くなりまして、あと5分で伺います。」
来た来た。この暑いのにスーツの男2人。思いっきり警戒モードで、玄関の外へ
まず写真付き身分証明書の提示を求め、どこの人か用件をきく。
年長者はとりあえず、身分証明書らしきものを出す。若い人○○さんと思われる人は名刺ももっていない。
なんとかライフプランのどうとか・・・らしい。
まあ、おそらく、適当に電話をかけて、玄関に入り込んで、税金やら相続の話をして、節税目的に、もう一つ保険に勧誘するとか、そういう営業だったんだろうな・・・。
「郵便局をかたって、そうじゃない。完全に疑っていますからね」と、お帰り頂きました。

そもそも、「かんぽさん」といえば、イノッチみたいな制服着てバイクで来るはずだもんねぇ。
それにしても、そういうカモになりやすい対象になったってことね。
気をつけましょ。


コメント

なんか怪しい感じ・・・? — 4件のコメント

  1. 嫌だ、嫌だ。 
    ドキドキしますね。
    被害がなくて良かったです。
    私も気を付けます。

    • そうなの。ドキドキしますよね。
      余計なことを言わないように、あわてないように…

      落ち着いて考えなくちゃ。

  2. 我が家にも来ました。説明を聞くと、家内が簡保を契約していて、一般的に死亡受取人が旦那さんですよね、通常旦那さんの方が早死にだから契約の見直しをしては、というものでした。
    そういう合理的な説明のみで帰られたので怪しい人ではなかったですよ。

    • そうですか~。ちゃんとしたかんぽさんでよかったですね。

      確かに、親戚の人で、死亡受取人を10歳も年上の姉に設定していたり、
      姪名義の保険で、受取人が自分っていうのがあったりして・・・???

      そういうの、注意してほしいですよね~。

      まあ、うちに来たのは「なんとかライフプラン・・・」で郵便局の人じゃなかったんで、営業だったんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。