魔術はささやく

著者:宮部みゆき
出版:新潮社
初版:1989.12.10.
紹介:一見なんの関係もない3人の女が死んだ。自殺あるいは事故なのだろうか?
「後ろから誰か来る」追いかけられる気配を感じて走り出した。逃げ出した。安全な場所めがけて・・・・。そして・・・
事件の陰で動く魔法の男。すべては彼の手の中にあるのか?
第2階日本推理サスペンス大賞受賞作品。
コメント:ミステリーにあまりなじみがない私にとっては、結構面白いものでした。お話がどのように展開していくのか楽しみだったし、守るがどうなるのかずっと気にかかりました。
この本はMさんに紹介していただきました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。