火車

著者:宮部みゆき
出版:双葉社
初版:1992.07.15.
紹介:婚約者が失踪した。依頼を受けて調査を始めて明るみにでたのは、彼女が他人の戸籍を語っていたという事実だった。
失踪したのは誰だったのか?名前の本人はいまどうしているのか?
現代社会のカードローン地獄・サラ金・取り立て。逃げて逃げて・・・・
自分を捨てて他人になりすます。だけどやっぱり本当の自分からは逃げ出せないのだ。
コメント:カードローン地獄・サラ金・自分には無縁な世界だと思っていました。
でもいつ自分がその中に足を踏み込むかわからない危険性を感じました。
おかげさまで勉強になりました。ハイ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。