永遠の仔 上

著者:天童荒太
出版:幻冬舎
初版:1999.03.10.
紹介:霊峰の頂上に登れば「神に清められ自分たちは救われる」と信じた少女・久坂優希とふたりの少年は、その下山の途中同行していた優希の父親を憑かれたように殺害する。三人は事件の秘密をかかえたまま別れ、それぞれの人生を歩んでいたが、一七年後運命に導かれたように再会を果たす。その直後、優希が固く口を閉ざす「過去」を探ろうとする弟の動きと周囲に起きた殺人事件の捜査によって、彼女の平穏な日々は終わりを告げた。しかし、まだそれは最後の審判への序曲に過ぎなかった。(表紙扉より引用)
コメント:下に掲載


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。