テロリストのパラソル

著者:藤原伊織
出版:講談社文庫
初版:1998.07.15.(1995.9)
紹介:アル中バーテンダーの島村は、過去を書くし20年以上もひっそり暮らしてきたが、新宿中央公園の爆弾テロに遭遇してから生活が急転する。ヤクザの浅井、爆発で死んだ昔の恋人の娘・塔子らが次々と店を訪れた。知らぬ間に巻き込まれ犯人を捜すことになった男が見た真実とは・・・・・・。史上初の乱歩賞&直木賞W受賞作。(カバー裏表紙より引用)
コメント:江戸川乱歩賞と、直木賞の同時受賞作品と言うだけあって、すごく面白く読めました。
展開もハラハラドキドキ、結末は・・・。裏切らないおもしろさでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。