星を継ぐもの

著者:ジェイムズ・P・ホーガン
出版:創元推理文庫
初版:1980.05.23.
紹介:月面調査隊が深紅の宇宙服をまとった死体を発見した。すぐさま研究室で綿密な調査が行われた結果、驚くべき事実が明らかになった。死体はどの月面基地の所属でもなく、世界のいかなる人間でもない。ほとんど現代人と同じ生物であるにもかかわらず、5万年以上も前に死んでいたのだ。
謎は謎を呼び、ひとつの疑問が解決すると、何倍もの疑問が生まれてくる。やがて木星の衛星ガニメデで地球のものではない宇宙船の残骸が発見されたが・・・・・・。
ハードSFの新星ジェームズ・P・ホーガンの話題の出世作。(表紙見開きより引用)
コメント:おすすめのSFと言うことで手に取った本書。
SFといえば、空想科学小説と思っていたのだが、久々に手に取ったこの本はなかなかの一品でした。宇宙への進出、あるいは侵略、はたまた地球からの脱出というようなテーマではなく、まるで現実の研究や、その調査報告を読んでいるような錯覚に陥る。しかもこれがグイグイ私を引き込んでいく。
対立しているかのようだったハントとダンチェッカーが、限定された空間の中で、歩み寄っていくところなんかは、なかなか理想論だけど好感が持てる。しかし・・・これはほんのプロローグに過ぎないのだ。続編の「ガニメデの優しい巨人」「巨人たちの星」も読んでみたいと思う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。