星の王子さま

著者:サン・テグジュペリ
出版:岩波少年文庫
初版:1953.03.01.
紹介:ある日、サハラ砂漠の真ん中に不時着した飛行士が、不思議な子どもに会いました。”ほんとうのこと”しか知りたがらない男の子、それが「星の王子さま」でした。
子どもの心や愛について深く考えさせられる美しい本です。(表紙カバーより引用)
コメント:本当に大切なもの。それはなかなかみえない。子供の本のようだけど、実はその中には深く多くの思いが語り込まれている。
「星の王子さま」が好きだという人が多いのも何となく分かるような気がしますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。