ISOLA 13番目の人格

著者:貴志祐介
出版:角川書店
初版:1999.12.25.
紹介:阪神大震災の被災地で、ボランティアをしていた由香里は相手の感情を読みとる能力を持っていた。そこで出会った少女千尋は、心の中に13人もの人格を持つ多重人格だったのだ。
臨死体験を持つ千尋は、そのころから様々な人格を持つことで自分を保ってきた。
両親との死別、叔父夫婦の虐待。
千尋が大切にしている、漢和辞典と「雨月物語・春雨物語」、13人の名前との関連は・・・「ISOLA」とは?
千尋のまわりで起きる、突然死。その謎に迫る。
コメント:由香里自身の人との関わり合い。さらに千尋の多重人格・・・
ストーリーのおもしろさに、思わず引き込まれて一気に読み上げてしまった。
最後は、「ISOLA」が愛によって救われることで、なかなかの終わり方だと思ったのだが、その後が・・・・ホラーなんですね。
私としては、その部分がちょっと気になった。うーん、だって千尋が救われないんだもの・・・・。
鈴木光司のホラー系と、ちょっと似ているような気がするけど、彼のは救いや、底辺に流れる父性愛があるから好きなんだよね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。