射手座の殺人手鞠唄

著者:日向章一郎
出版:集英社コバルト文庫
初版:1999.12.10.
紹介:現役高校生作家・連城龍希に頼まれたノリミは、私立P高の生徒になりすまして校内に潜入した。連城あてに差出人不明の手紙が届いたからだ。「殺人手鞠唄を、君は知っていますか?」と始まる手紙。正体の分からない敵に対し、ノリミと連城は罠を仕掛けたのだが、裏をかかれて失敗してしまう。まるで2人の手のうちを見透かしているかのように───。そして、最初の『赤の事件』が起こって・・・?(表紙扉より引用)
コメント:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。