肩ごしの恋人

著者:唯川 恵
出版:マガジンハウス
初版:2001.09.20.
紹介:幸せになるために、幸せを手に入れるために、女としての武器を最大限利用して結婚を繰り返す“るり子”。
そんなるり子の蔭で、お人好しといわれる主人公“萌”。
女にとって、結婚とは?男・恋愛・幸せ・・・・どんな生き方を選択するか?
コメント:自分にとって、どんな生き方がいいのか・・。誰しもみんな迷ってしまう。
るり子の生き方は、あまりに愚かしくて思わず笑ってしまうが・・・
萌の行き当たりばったりの生き方もなぁ・・・もちろん小説としてはけっこう楽しめるけどね。そういうお年頃の女性が読んだら、我が身に照らし合わせて楽しめると思う。
子供を持つというのは悪くないと思うけど、いつまでもカワイイ赤ちゃん・子どもでいてくれるわけもなく、いずれは自分から離れていってしまうものだからねぇ。などと、冷ややかに思ったりしてね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。