ダブルフェイス

著者:久間十義
出版:幻冬舎
初版:2000.05.10.
紹介:殺された女は、外資系証券会社のシンクタンクに勤めるOLだった。そして、彼女のもう一つの顔は渋谷で売春をする事だった。彼女の手帳に記された男の名前の中に政界のにおい。薬、売春、ストーカー・・・
休む間もなく社会の一線で戦いストレスにさらされる女達の姿が見えてくる。
コメント:専業主婦の配偶者控除も見直されていく今日、女性も男性と同じように働くことを余儀なくされるだろう。ストレスにさらされるのは男も女も同じだろうが、あいかわらずの男性優位社会ではなおさら思うようにことは進まない。
我が娘達の将来を思うと生き方を考えさせられる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。