ささら さや

著者:加納朋子
出版:幻冬舎
初版:2001.10.10.
紹介:どうってことのない平凡な1日になるはずだったあの日
さやと、生まれて間もないユウ坊を残して俺は死んでしまったらしい。
だけど、俺はさやとユウ坊のことが心配で心配でたまらない・・・
寂しいけど、ちょっと不思議な心あたたまるお話。
コメント:こんな風に、あっけなく死んでしまったら、やっぱり誰かの体を借りてでも、そばにいて欲しいと願うだろうな。人の心にはそんな力があるような気がする。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。