バカの壁

著者:養老孟司
出版:新潮新書
初版:2003.04.10.
紹介:自分自身は変わらないものではなくて、常に変化しているもの。そして変化していると思われる情報は、実はひとつひとつの情報は不変なのだ。自分自身の殻あるいは止まった視点からしか物事を見ないと、その向こうに見えるはずのものも、見なくなってしまう。それが「バカの壁」というものらしい。
コメント:ベストセラーだという、タイトルも気になる、やっぱり読んでみたいと思う。いったい何が書いてあるのか?値段も手頃だし・・・それでみんなが買うから、ますますベストセラーが続くというわけだ。だけど、天の邪鬼な私は、ベストセラーと聞くと手が伸びないのである。「しまった!」と後悔することが多いから。
なので、人に借りて読みました。最初3分の1は「何を言いたいんだ?」と感じるところもあったが、後半はなかなか面白く読みました。1度では今一つつかみきれないところもあるので、再読してみると納得できるところもある。まあもともと論文でも書き下ろしでもなく、口述筆記であると言うから、まとまった文章ではないわけで、読む方もそのつもりで読まないと、結構行ったり来たりさせられてしまう。
でも、医学博士という視点、脳の働きなど、なかなか興味深いことがあっておもしろかった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。