風紋・下

著者:乃南アサ
出版:双葉文庫
初版:1996.09.15.
紹介:この小説を書いている間にも、世間では実に様々な事件が起きた。そして、その都度、容疑者については様々な記事が出た。被害者は、遺族は、常に置いてけぼりを食らうのである。運命を狂わされ、心に癒しようのない傷を負った人たちを救う手だては、現在のところ皆無といって良いと思う。(乃南アサ)(裏表紙より引用)
コメント:母が殺されたことで、家族がどう変わったか?殺人者の家族が追い込まれていく様子。
マスコミと、警察と、裁判と・・・犯人に対する恨み?ただ母親に帰ってきて欲しいと思う気持ち。他者とのかかわりの拒絶。狂わされたそれぞれの人生。いつ誰が、そんな境遇に陥らないと断言できるだろう?心の傷は深い。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。