僕が笑っている理由

著者:金子貴俊
出版:集英社be文庫
初版:2004.03.27.
紹介:裏表紙より両親の離婚から始まった他人との生活。学校でも家でも続くイジメ。
やっとそれが下火になると、立て続けに襲う停学、退学処分。
初めての恋人の自殺未遂。ダメ押しの家業の倒産。
俳優になろうとし、立ち直るキッカケを掴んだとたん、重病になった父。
そしてみつけた小さな家族。
『ウォーターボーイズ』の猛特訓等など。
純な少年が何を感じるのか、克明に綴られていて、凄い。
コメント:テレビの画面から受け取る金子貴俊のイメージが覆された。
『笑顔を忘れるな』『笑顔の伝道師』
彼の笑顔のそのベースになっている人生が一言では表せないくらい重く、でもあの軽やかな笑顔を応援していきたいと思う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。