天使の梯子

著者:村山由佳
出版:集英社
初版:2004.10.31.
紹介:小説すばる新人賞受賞作「天使の卵」から10年。
歩太・夏姫、29歳。8歳年下の男に熱愛される夏姫…。再び、あのせつない恋が甦る。
傷ついた魂が奏でる、美しい浄化の物語。
コメント:「夏姫」どこかで聞いたような名前・・・そうだ!「天使の卵」だ!
初めて読んだ村山由佳の本は設定が大泉学園で今度は石神井公園が登場。
中に出てくる高校もおそらく娘の母校のようで、まさに地元!
お話も、良かったわ。「天使の卵」とセットでおすすめ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。