スペース

著者:加納朋子
出版:東京創元社
初版:2004.05.28.
紹介:クリスマス・イブを駆け抜けた大事件のあと、大晦日に再会した瀬尾さんと駒子。ふたりのキーワードは「謎」。駒子シリーズ第3作。
駒子が瀬尾さんに持ち込んだ「謎」は、大量の手紙の束。その手紙の中に隠れている謎は?
そして、「バックスペース」は、「スペース」で生まれた「謎」の手紙の行間で書かれなかった、もうひとつの物語。
コメント:待望の駒子さんシリーズ。駒子と瀬尾さんの二人の展開も気になるが、「スペース」の謎も「バックスペース」も面白い。
久々に「ななつのこ」と「魔法飛行」を再読してみたくなった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。