ZOKU

著者:森博嗣
出版:光文社
初版:2003.10.25.
紹介:「暴走族」ならぬ「暴音族」「暴振族」「暴笑族」壮大なる悪戯の組織「ZOKU」が考え出す次の悪戯は?そして彼らの企みを阻止しようとする「TAI」は、真っ白な電車で一日中線路の上を移動している?
その首謀者は子供のころからの遊び仲間だった黒古葉善蔵と木曽川大安。久しぶりに会った二人がそれぞれの立場を入れ替わることにしたら・・・
巻末にはZOKU、TAIの専用機空想図を掲載。
コメント:森博嗣が悪戯を考えたら、こんなふうになる。凡人にはなかなか思いつかない発想の数々。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。