ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 上下

著者:J.K.ローリング
出版:静山社
初版:2004.09.01.
紹介:上:復活したヴォルデモートとの戦いはいつ始まるのか?ハリーには何の知らせも来ない。そして突然ハリーは吸魂鬼に襲われる。「不死鳥の騎士団」に助け出されたハリーは、「騎士団」が何か重大な秘密を守っていることを知る。
 新学期が始まり、恐ろしい新任教師アンブリッジと黒い扉の夢に悩まされ続けるハリーに、チョウ・チャンが微笑みかける・・・・・・。
下:大切なO.W.L.(普通魔法レベル)試験を控えた五年生、日夜勉強に追われる。疲れきったハリーの出生の秘密に繋がっていた。ハグリッドの秘密、スネイプの秘密、そしてダンブルドアの秘密・・・。
過去から未来へそれぞれの運命の糸が紡がれる。そしてついに戦いが始まった。立ち上がるハリーと「不死鳥の騎士団」。しかし、悲しい死が・・・・・・。
(表紙カバーより引用)
コメント:次はどんな戦いだろう??とドキドキしながら読んでいたのに、なかなか戦いが始まらない。今回は思春期の子供たちの心の動き、ハリーの疑心暗鬼がいっぱいだった。
ウィズリーの双子の兄弟がなかなか魅力的だ。ウィズリー家の兄弟はそれぞれ個性的な進路選択していて、そのあたりも面白い。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。