ハルシオン・デイズ

著者:鴻上尚史
出版:白水社
初版:2004.11.20.
紹介:自分は人間の盾であると信じる男。多額の借金をかかえこんだゲイのサラリーマン。自殺を止めたいカウンセラーの女。そんな、インターネットの自殺系サイトで知り合った3人が、自殺をめぐり妄想にとりつかれてゆく。多重人格らしい幻の男が、「地球照」の影の部分と重なる。
コメント:うーむ、生きていることは絶望なのか?それとも救いがあるのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。