ワーキングガール・ウォーズ

著者:柴田よしき
出版:新潮社
初版:2004.10.20.
紹介:37歳独身OL翔子。一流企業の管理職。マンションのローンを払いながら、一人ぼっちのランチも気楽で慣れてしまった。ある日、MLに書き込んだ「ケアンズについて教えてください」
英語を勉強し、海外で働きたい・・・だけど現実は厳しい。ケアンズの旅行代理店で働く愛美。
別れた男を新婚旅行先のケアンズまで追いかけてきた嶺奈。
三人それぞれが、自分の人生を引きずり見つめながら、それなりにがんばっていく・・・
コメント:女性が働き続けるって、楽じゃないなぁと思いつつ。翔子の生き方は、なんとなくカッコよくも思える。
社内で煙たがれ・トラブルに巻き込まれ・元不倫相手をギャフンといわせ・でも男性部下といい感じになって、頭を悩ませることはいろいろあるけど、まあ、悪くもないかなぁ。
自分が働く30代だったら、もっと共感できただろうな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。