鎖 上

著者:乃南アサ
出版:新潮文庫
初版:2003.12.01.
紹介:東京都下、武蔵村山市で占い師夫婦と信者が惨殺された。音道貴子は警視庁の星野とコンビを組み、捜査にあたる。ところが、この星野はエリート意識の強い、鼻持ちならならぬ刑事で、貴子と常に衝突。とうとう2人は別々で捜査する険悪な事態に。占い師には架空名義で多額の預金をしていた疑いが浮上、貴子は銀行関係者を調べ始めた。が、ある退職者の家で意識を失い、何者かに連れ去られる!
コメント:信じられない、こんなに鼻持ちならない嫌な男っているだろうか?星野は最悪だわ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。