池袋ウエストゲートパーク

著者:石田衣良
出版:文藝春秋
初版:1998.09.30.
紹介:池袋の町を舞台に誠とその仲間が活躍。
池袋西口公園で出会った女の子の一人が行方不明になった。ストラングラーを探し出せ。〈絵のうまいしゅん〉(池袋ウエストゲートパーク)
羽沢組のお嬢さんの姿が消えた。捜査依頼された誠は中学の同級生サルと出会う。
手がかりはコンビニで消えた車。〈ひきこもりの和範〉(エキサイタブルボーイ)
恋人をシャブから守ろうとしたイラン人の男。彼を守り、裏社会の売人達の証拠を突き止めろ〈コンピューターの師匠ケンジ・電波マニアのラジオ〉(オアシスの恋人)
ある日、池袋の町がGボーイズとレッドエンジェルスの二つに分かれて、闘争を始めた。続く小競り合い。流される血。誠は池袋を一つにまとめるために動く。若者たちの裏で蠢く黒幕の姿を暴きだせ。(サンシャイン通りの内戦)
コメント:池袋ウエストゲートパークの始まり始まり…
スポーツクラブでバイクをこぎながら読むのにちょうどよいスピード感。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。