ナルニア国物語

narunia001.jpg娘が久々の休日なので見に行った。「ナルニア国物語」は原作を昔に読んでいて、娘も子どもの頃、私の本棚から引っ張り出して読んでいた。なので、映画になると聞いたときには、絶対に見に行かなくては!と決めていたのだった。
原作7巻を読んでいる私としては、それなりに楽しめたが、客観的に見ると、どうだろう? やはり原作が児童書だから、映画も児童向けに出来てるような気がする。同じファンタジーでも「指輪物語」とはちょっと奥行きが違うような気がするのは私だけかな?強いて言えば、「ハリポタ」に近い位置にあるような印象だった。
部活が忙しい娘と映画を見たのは約一年ぶり。それはそれで楽しかったわ。


コメント

ナルニア国物語 — 2件のコメント

  1. メジャーな児童書だよね。
    私も原作読みました。(たしか・・)
    だけど、映画化されるときいて、
    「ロード~」ほどはいかないだろうなと期待はしなかった。
    これって、なんかキリスト教的な発想がベースにあるらしいの。
    なんだかなー。映画館で見るべきなのかな・・

  2. 今頃、レス・
    そうそう、まさにアスランはきリストそのものだよね。
    でね。求めても助けてはもらえないんだって、やっぱり自分で解決しなくちゃ!と、子供心に思ったような気がする~
    第一話は、復活して助けてもらえたけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。