東京タワー オカンとボクと、時々、オトン

tokyotawa.jpg著者:リリー・フランキー
出版:扶桑社
初版:2005.06.30.
 著者の、初めての長編小説とは言うものの、かなり自伝的で、エッセイに近い印象。ただ時代が私の子供時代と重なるところがちょっと面白かったかな。
 母・家庭・自立、それにしてもこんなにまで「オカン」にこだわるのはやはり両親の関係がうまく行っていなかったためなのか?迫り来るその時に、逃げ出すことの出来ない「オカン」との別れを前にして、それでもこんなにたくさん自分のことを思い出し、書いてもらった「オカン」は幸せな人生だったな。
そうそう、岡田君と松潤がでていた同名の映画があって、しばらくその原作かと思っていたのですが、サブタイトルを見るとどうも違っている。その上、リリー・フランキーと言う人も実はよく知らないのでした。


コメント

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン — 2件のコメント

  1. うん、そうそう。タイトルだけ聞いたときに、そっちの江國さんのほうが、イメージとしてあったので、最初はなんでいまさらベストセラーになるのか?と思ったわけよ。
    そうしたら「オカン」とか「オトン」とか・・・違う!ってね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。