ダヴィンチ・コード

davinti.jpg著者:ダン・ブラウン
出版:角川文庫
初版:2006.03.10.
紹介:ルーヴル美術館のソニエール館長は異様な死体で発見された。彼が殺された理由は?犯人として追われながら、隠された暗号を解いて行く、ラングドンと館長の孫ソフィー。ソニエールが隠し続け、そして、孫に伝えたいと思ったものは…
ベストセラーで、ずーっと気になりなが図書館の予約数も膨大で、とうとう文庫本を買ってしまった。映画を見る前に、やっぱり読まなくちゃ!と大急ぎで読んだ。
映画祭での評価はいまいちだったらしいが、それはキリスト教圏ならではの反応。キリスト教に関してあまり知識を持たない私にとっては、なかなか興味深い本だった。暗号の謎解きも大仕掛けだし、その背景に隠れているものも面白かった。まあ、カトリックの人にとっては、とんでもない話には違いない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。