マークスの山 上・下

ma-kusu.jpg著者:高村薫
出版:講談社文庫
初版:2003.01.24.
柴門ふみさん「おいしい読書」に紹介されていたので、チャレンジした長編作。久々に読み応えのある作品で、なかなか面白かった。殺人者マークスのような人が、隣にいるかもしれないという恐ろしさもあるが、社会の裏側に隠れている組織や見えない圧力がまた恐ろしい。
そして・・・この後、捜査に関係した刑事や、木原・林原は、いったいどうなって行くんだろう。
そういえば、合田刑事って「レディ・ジョーカー」に出てきたっけ?あれ?記憶違い?
気になる・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。