美丘

mioka.jpg著者:石田衣良
出版:角川書店
初版:2006.10.31.
紹介:図書館から借りてきて、その表紙に驚かされた。思わず裏返しておいた。
ちょっと思わせぶりな導入部。前半は美丘に振り回されてしまう太一たち。そして、後半は、今の時代を生きる「セカ中」。さすが石田衣良、単なる回想ではなくて、今の、この時代をいきいきと生きている美丘と、彼女をしっかり見つめる太一の心が辛いくらいしっかりと描かれている。きれい事では済まされない・・彼女の約束・・・その時がきたとき、果してその約束は果たせるだろうか?悩む・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。