The Historian(Ⅰ・Ⅱ)

histian.jpg
著者:エリザベス・コストヴィ
出版:日本放送出版協会
初版:2006.02.25.
紹介:父の書斎で見つけた「竜の本」と手紙の束。それはドラクリアと父の恩師をめぐる奇妙な話だった。封印してあった過去。父の苦悩。
ドラゴン騎士団とは?その目的はなんなのか?彼らの回りに姿をあらわす不気味な図書館員はなんなのか?
冷戦の時代に、父が恩師を捜し出す旅。恩師からの手紙…そしてその失踪した父を追う娘。2代にわたる二つの父娘の旅の物語。
ワラキア公ヴラド・ツェペシュ(ドラクリア)の死の真相は?そして、その遺体はいったいどこに葬られたのか?
ヒストリアン(歴史家)たちが、古くからの図書館と多くの資料・手紙を元に辿る、ドラキュラの姿。そして、「竜の本」は、また、どこからともなく姿をあらわした。まるで「私を忘れないで」と語りかけるように。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。