明日の記憶

31TWFWTDAWL._AA192_.jpg
しばらく前に本を読んで、気になりつつも映画館にいけなかった作品。
若年性アルツハイマーという、厳しい状況の中で、壊れて行く自分の脳と仕事や家族。見ているのは辛い作品でした。
こういう状況の中で、経済のためには仕事をしなければならない妻。けれども、病気の夫を家にひとり残して行く事は、不安だ。本を読んだ時には、実際はこんなきれいなものじゃない・・・と思ったけれど、映画は、壊れて行く様子がリアルに見えた。しかし、辛いなぁ・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。