陰日向に咲く

劇団ひとりの原作は読んでいないのだけれど、
ちょっと興味があって、みてきました。
主人公を演じる岡田君。
劇団ひとりのイメージではダンディ坂野だったというのを聞いて、
それも確認してみたかったというのもある。
そうだなぁ~。確かにそっちの方がイメージしやすい役かもしれない。
申し訳ないけど、主役が「ダンディ」じゃ、あんまりお客さんが入らないかもしれないなぁ
お話は、最後にいろんなものがつながって、なるほど~
まあ、途中である程度は見えてきた部分も多いのだけど。
だけど、みゃーこだけはつながってないよなぁ。
映画は、「ダメダメな男」の話なんで、根本的に感動するというわけには行きませんね。
まあ、映画的にはおもしろかったです。
原作は短編の連作となっているというから、案外そっちのほうがおもしろいのかもしれない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。