遺品整理屋は見た!!

0905271.jpg
天国へのお引越しのお手伝い
著者:吉田太一
初版:2008,06,10,
出版:扶桑社
何でこの本を読んだのか?
今年の2月映画「おくりびと」がアカデミー賞外国語映画部門を撮って、話題になった時に、納棺士とともに、遺品を整理する会社のことが新聞に載っていました。
そこで紹介されていた本が、この本です。
図書館で検索して、「遺品整理屋は見た!」「遺品整理屋は見た!!」を予約しました。
高齢者の孤独死・自殺の現場・ゴミ屋敷の整理・・・
故人と遺族のいろいろな事情・・・。そう考えると、
いろんなガラクタを残して死ぬのは、なんとも心もとない気分です
そういえば、先日両親が「荷物の整理を・・・」と、ちょっと気になっているようすだったなあ。


コメント

遺品整理屋は見た!! — 2件のコメント

  1. わかります…その気持ち。
    大事に収集していた物や思い出の物って、本人以外関係ないのよね〜。
    なので、生活するうえでーーー基本・スリムに過ごしたいですね。
    もちろん、体形も…ネ☆★

  2. 今日、実家に行ってきました。
    ふたりとも、それなりに元気にしているので、安心しました。
    さて、例の気になっているものは
    お茶の道具
    カメラ色々・・・新しいカメラを買いたいと言っておりました。
    古いアルバム・本・・・・
    まあしかし、そんなに心配するほどの量でもないと思うので
    あわてて捨てなくてもいいよね~というのが、私の感想です。
    それより、うちの納戸は確かに整理したほうがいいと思われる。
    体型は・・・。なんだかまた備蓄傾向が強まったので
    気をつけなければ・・・(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。