ハリーポッターと謎のプリンス

レディースデイに、娘を誘って見に行ってきました。
今回は、いよいよ最終に向かうために、ボルデモードの少年期「トムリドル」の秘密を探ります。
ハリーが手にした、半純潔のプリンス所有の教科書は誰のものだったのか?
また物語の大筋とは別に、彼らの恋愛事情がもうひとつのスポットでした。
原作からは、省略されている部分も多いのですが、
次の最終章(実はこれが1部2部に別れるようです)に向けてのアプローチ部分で
ラストは、「ええ!ここで終わっちゃうの~?」でした。(笑)
しょうがない、もう一度原作を読んで、最終章を楽しみに待ちましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。