赤い指

akaiyubi.jpg
著者:東野圭吾
出版社: 講談社
発行:2006,07,25
これも地元リストにあった本。
実は、この本は読み始めてすぐに、「前によんだことがあるような気がする・・・ 」
そして、その記憶は確実なものとなり、ストーリー展開・真実を思い出したのです。
そうそう、読んだ読んだ!
ところが・・・読んだ記憶が確かにあるのに、読書記録にないのです。
あれ~?変ですね。大量に読んでいたときに、記録するの忘れちゃったのかしら。
親と妻の不仲のあいだで、家庭を顧みなくなった男の、身勝手なお話。
と言ってしまったら、身も蓋もないか~
嫁姑問題・認知症・介護・家庭崩壊・少年事件・・・たまらないです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。