マレ地区を歩く

26日、最終日。チェックアウトしたホテルに荷物を預け、街歩きに出発。先日暗くなって見えなくなった、ノートルダム大聖堂の大きなバラ窓とステンドグラスを見に行きました。これが、バラ窓RIMG1248祭壇の奥のステンドグラスも素敵ね。Exif_JPEG_PICTUREシテ島の地下鉄の入り口。アールヌーボーですよ。Exif_JPEG_PICTURE

バスティーユ広場から、マレ地区の貴族の館を見てまわります。通りを抜けると、思いがけない広場が現れました。建物に囲まれた、ヴォージュ広場です。Exif_JPEG_PICTUREカナルヴァレ館・ドノン館・貴族の集めた美術品や絵画が無料で公開されています。フランスの歴史の厚さを感じました。

スービーズ館(フランス歴史博物館)Exif_JPEG_PICTUREサンス館(図書館)   石造りの古い建物が保存され、今も使い続けられているのですね。Exif_JPEG_PICTUREランチのお店を探しながら、路地を歩きます。この建物、道側に膨らんでるわ。Exif_JPEG_PICTURE今日のランチはビストロ Les Philosophes(レ・フィゾロフ)でランチセットをいただきました。Exif_JPEG_PICTUREデザートはチョコ味のブリュレ ゆっくりいただいて、おいしかったです。Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。