みをつくし料理帖

みをつくし料理帖「八朔の雪」を読んでいます。
実はこれ、TVの読書LOVERSでJUJUのお気に入り本として紹介されていたのです。
歌手のJUJUさんのことはよく知りませんでしたが、とても面白そうだったので読みたくなりました。
手にして気が付いたんですが、これ、NHKでドラマ化されてました。確か、北川景子さんが出てました。

で、この本、読み始めたばかりですが面白い・・・
江戸の古地図(鬼平犯科帳を解説した地図ですが・・・)と現代の地図を照らし合わせて、町のどのあたりかにすんでいるのか?どの道を歩いているのか?あ!「化け物稲荷」が、古地図にも書いてある!へ~神田明神下御台所町って、ほんとにある!。
なーんてことを確認しながら読んでいるので、時間がかかるけれど、面白さが倍増してるのです。ほんとは現地に行って、不忍池から神田明神に向かって、歩いてみたいくらいです。
というわけで、しばらく楽しめそうだわ。
P1130741
さて、今日のお昼ご飯は、久しぶりにピザを焼きました。なかなかおいしかったわ。
半分なのは、食事の途中で写真を撮り忘れた事に気が付いたからです。
CAM01376 [92736]


コメント

みをつくし料理帖 — 2件のコメント

  1. そうそう、この本、面白いですね〜
    ゆっくりと照らし合わせながら読むと、更に楽しいです。

    みをつくし料理帖「八朔の雪」…興味深いです。
    これも、読書予定表に入れました(笑)

    • いつもストーリーばかり気になって、サクサク読んでしまうのですが、
      今回は、江戸の風習や上方との違い。それにお料理だとかだしの取り方とかいろいろ面白く読んでいます。
      そうそう、物語に出ている料理のレシピも、巻末に紹介されていますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。