城崎温泉と丹後半島ぐるっと絶景巡り

病院に行く日の合間を使って、久しぶりに旅行に行ってきました。
タイトルは「日本三景天橋立・伊根の舟屋・海の上を走るローカル列車・城崎温泉と丹後半島ぐるっと絶景巡り」です

新幹線を岐阜羽島というところで降りてバス。
北陸自動車道を岐阜→滋賀→福井(舞鶴若狭自動車道)→京都→兵庫
というわけで、大好きな地図とにらめっこの旅でした。

天橋立って、日本海に面している京都らしいけど・・・どこ?
そんな印象を持っていた私ですが、今回、初めて認識できました。

不思議な景観です。翌日はここを対岸まで歩きました。

伊根の舟屋。船に乗って海側から見学。カモメやトンビがすごい!
下船した後、街並みも散策・・・

志賀直哉の小説できいたことがある。「城崎温泉」で宿泊。
夜になると、また雰囲気が変わります。

ローカル線「京都丹後鉄道」に乗ったりして、ワクワク。

舞鶴港を一望する五老ケ岳公園の展望台から、この絶景!

他にも棚田を見たり、琴引浜で鳴き砂を体験したり、灯台にいったり…
よく歩いたツアーでした。2日目はバスツアーなのに22000歩も!
お天気がよくて、本当に良かったわ。


コメント

城崎温泉と丹後半島ぐるっと絶景巡り — 2件のコメント

  1. 私も地図を見てみましたが、やはりツアーが一番ですね。
    内容も盛り沢山…お天気も良くてヨカッタですネ♡
    天橋立も、こんな機会がないと一生行けない気がします。

    • そうなんです。けっこう東京からだと、不便な立地ですよね~
      確かに,景観は素敵なところが多かったんだけどね。

      なかなかいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。