太齋春夫展 

先週、練馬美術館で開催中の「太齋春夫展」を見てきました。
たまたま手にしたパンフレットの絵に心惹かれたからです。
アルマイトに漆で加工をしたタイル状のものをモザイクのように張り合わせて表現されています。
素敵です。
最近、いろんなものが、ラグに応用できそうな気がしています。これも、面白い~

金曜日には、いわさきちひろ美術館で開催中の「奈良美智がつくる 茂田井武展 夢の旅人」を見てきました。
奈良美智さんがつくる・・・というところに惹かれて見に行きましたが、茂田井武さんというのは、宮沢賢治の「セロ弾きのゴーシュ」の絵本を描かれた方です。
その他にも、パリの街でのデッサンなど、魅力的な絵を見ることが出来ました。

こちらでは、カフェで本や絵を眺めることもできるし、絵本図書館もあるので、ゆっくり過ごすことが出来ます。優雅な時間です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。