リメイクエプロン

冬用の、エプロンを作りました。
実はこれ、若いころに来ていたウールの着物。もう着ないし、かといって捨てるのもなぁ・・・
エプロンにしたらどうだろう?ウール。洗ったらどうなるかな?
と、もう何年も頭の中でひっくり返していた着物。

去年の秋ようやく引っ張り出してほどいて洗ってみたら、案外洗えるし、しっかりしてる。
これなら、冬用のあったかエプロンになるんじゃないかなぁ?

そして、昨日ようやく重い腰を上げて製作開始。
型紙を作って、最初はすっぽりかぶるジャンパースカートのようにしてみたら・・・
あら、生地に張りがありすぎて、まるで昔のマタニティドレスのよう。
残念。
脇は切り離して、ヒモで結ぶ方がすっきりします。
せっかく脇に付けたシームポケットも外して、普通のポケットを貼り付けました。

さあ、2月になって、まだしばらく寒い日もありそうだから、お尻も背中も暖かいエプロン、重宝しますよ。

タンスに入った着物や反物・・・なにか形にして、使いたいなぁ。
キルトフェスティバルで買ったエプロンドレスは麻+レーヨンで素材が柔らかいので、そのまま応用はできなかった。でも、薄くても着ると暖かくて気に入りました。

あ!その前に、ラグのバッグもつくらなくちゃね。
えーと、まずは頭の中でシュミレーション。どうやったら使えるバッグになるかなぁ?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。