ステップ・ファザー・ステップ

著者:宮部みゆき
出版:講談社
初版:1993.03.25.
紹介:男は泥棒だった。ひょんな事がきっかけで男は両親に置き去りにされたふたごの兄弟と虚偽の親子間系を作ることになった。
したたかな兄弟と、次第に子どもたちと深く関わりを持ち、離れがたくなる男。
親子関係ってなんだ。社会の隙間、裏側を通り抜けながら、本当の姿が見えてくる・・・?
コメント:この本はHPに遊びに来てくれたtomoさんに紹介してもらいました。
この本面白かったです。ありがとう!!
去年宮部みゆきの本を何冊か読みましたが、私としては、こういうほのぼのとライトな作品は気に入りました。短編が集まっているので読みやすいで


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。