ジョイ・ラック・クラブ

著者:エィミ・タン
出版:角川書店
初版:1990.05.31.
紹介:中国からアメリカに渡ってきた4人の母親たちは、希望を胸に抱いてきた。中国人の母と、アメリカで生まれ、アメリカで育った娘たちのお互いを理解しがたい関係。母の死をきっかけに母親たちの過去、娘たちのとまどい、母娘関係を見つめていく・・・・
コメント:中国での母の生い立ちは、今まで私の知らなかった中国でした。
日本と中国という違い、年代の違いはあっても、母と子(娘)の思いはなかなか理解し合えないことがあるのかもしれない。
そ・なのに、母も娘もお互いを切り捨てることはできないんですね。
この本は、群れよう子さんの「本取り虫」に紹介されていた本です。「おもしろい」というよりは「心にひびく」本でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。