三月は深き紅の淵を

著者:恩田陸
出版:講談社
初版:1997.07.07.
紹介:「たったひとりだけ、たった一晩だけしか、他人には貸してはならない」と言う幻の本をめぐ
第一章・作者もわからない、出版数もごくわずかといわれる「三月は深き紅の淵を」。
この本を膨大な蔵書の中から見つけだすことができるか?
ダイングメッセージは「ザクロの実」
第2章・本の作者を捜して出雲へ旅する。そこで出会ったひとつの結末。
第3章・美しい異母姉妹が出会ったきっかけは・・・・。
そして崖から落ちて、死んだ2人の背後には何があったのか?
そう、これもひとつの結末。
第4章・そしていよいよ「三月は深き紅の淵を」を書き始める。かと思ったのだが・・・る物語。
コメント:恩田陸さん2冊目。素直じゃないのね・・・・
一冊の本で4倍楽しめる本。どうも気になる作家になりそうな予感。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。